ページトップへ

ブログ

こんにちは! :)

豊橋・豊川・新城を中心に

快適でカッコいい家を手がけている

HAPINICE-ハピナイス-の林拓未です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

【本物の情熱は消えない】

日頃お世話になりまくっているGoogleですが、なぜ成功したのか?そんな事が解説してある本に書いてあったことです。

Googleは、採用に全力をあげる。

将来クビにしたくなるような人とか、辞めてもらって惜しくないような人は最初から雇用しないそうです。

足りない人手を埋めるための採用ではなく、共に働き、共に成長できて、何か夢や目標に向かって突き進みたいという人だけ採用する。

Googleが欲しいと考える人材は、スマート・クリエイティブと呼ばれる人たちで、自ら考えて行動できる人で、指示を待たずに行動する。

そしてみんな何かの専門家だったり、何かに対して情熱があったりと、無責任な人間はいないんだそうです。

 

「本物の情熱は消えない」

物事の上達や成長の過程は、万事すべてにおいて絶え間ぬ努力と、その繰り返しだと思います。

いきなりひょいひょいと成功する訳じゃなく、その3倍は失敗と言う名の経験を積んでいるのだと思います。

誰かに褒められたいとか、自慢したいとかではなく、誰がなんと言おうと自分自身で決断し、選んだ道なわけだから、少しはそのことが好きだと思うし、上手くなりたいと思うから、来る日も来る日も努力を重ねる。

やり直しはいくらでも効くし、やってもやらなくても時間は過ぎて年は取るから、情熱を持って、やりたいことをやりたいようにやって、どんどん前に進みたい。

自惚れでも怠慢でも慢心でもない。

ただの人材じゃなくて、貴重な人財なんだと自負をできるぐらい自分に自信を持ちたい。

そのために挑戦したい。

「大丈夫。失敗しても命までは取られないから」

そんな事を言ってくれた先輩経営者の言葉を思い出し、「それ言われたらなんでも出来ちゃうな」と思った記憶が蘇ります。

うちの会社の採用基準もズバリ「人」。

能力も大切だけど、そんなことよりやる気と情熱を優先します。

幸い、僕の会社にも人財しかいない。

今日も1日頑張りましょう!!

 

さて、今日は「屋根 ガルバ メンテ 反射」です。

ガルバリウム鋼板の屋根です。

立平葺きなので、少しの勾配(屋根の角度)でも、雨漏りの心配が無いので意匠性に優れています。

さらに、メンテンナンス性も優れていて、10年や20年は塗り替えもいりません。

さらにさらに、シルバー色なので反射して、室内の温度上昇も抑制します。

例えば屋根材を黒色にすると、それだけで室内の温度が少し上がってしまいます。

特に2階は暑い!!

価格や、意匠性、メンテナンス性、快適性。

どれも重要な中で何を優先させるのか?

ご家族によって大切にする部分が違うので楽しいですね!!

 

では :)

 

もし Instagram Facebook やっていたら

フォローも宜しくお願いします~

Instagramはこちらから

Facebookはこちらから

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全126ページ中)