ページトップへ

人・物・金・情報

「人」「物」「金」「情報」

会社を運営する上で、「人」「物」「金」「情報」という経営資源が大切と聞きます。大手ハウスメーカーと違い、当社のような中小企業はこの経営資源に限りがあります。

選択と集中

この限られた資源をどの方向に力をいれるか。すべてのお施主様に満足してもらおうと考えず、本当の意味でハピナイスの想いに共感し、家づくりを託していただけるご家族さまだけを全力で応援し、サポートし、幸せになってほしい。

そんな想いで、「人」「物」「金」「情報」の概念のもと、会社運営をしております。

“人” 2つの限定施工

1969年(昭和44年)、先々代が宮大工として創業して以来、この東三河で自社施工にこだわって家づくりをしてきました。

現場は「家づくりの命」です。実際にお施主様の想いをのせた家は、職人により現場でつくられており、木造建築の真価は、現場にあると考えています。

どんなに間取りや設計、使う素材が良くても、それを実際につくる職人の意識が低いと絶対に良い家はできません。

ハピナイスでは、“2つの限定施工”を行っています。

■年間15棟限定。自社施工による品質管理

無理に棟数を伸ばすことを目的とせず、一棟一棟丁寧に自社で施工できる範囲に限定して家づくりを行っています。

■東三河地域限定。徹底したアフター管理

会社から車で一時間圏内。お施主様から連絡があった際、すぐに駆けつけられるように、遠い地域での施工はお断りします。

“物” モデルハウスをつくらない

住宅展示場や自社分譲地に常設のモデルハウスを建築している住宅会社は多いですが、ハピナイスはつくりません。確かにこれから新築を考えているご家族にとっては、実際の家を見ることでイメージはつきますが、それ以上に出展費、建築費、維持費、人件費などのお施主様からしたら関係のない費用がお施主様の家づくりのための費用から捻出されてしまいます。家の見学なら、多少気を使うかもしれませんが、既に住まわれているオーナー宅を訪問します。実際に建てる前、建ててからの暮らしの声を生で聞くことができ、会社とオーナー様の関係性も感じることができます。

 

“金” 適正価格で高品質

突き詰めていくと、適正価格で高品質になりました。

■完全責任施工

日本の家づくりは、ハウスメーカーに代表する「下請け構造」が家の価格を押し上げ、品質のバラツキの原因となっています。ハピナイスでは、中間マージンなどの無駄な費用を抑え、自社施工・自社管理による完全責任施工により、コストの削減と高品質施工を実現しています。

■一貫管理システム

ハピナイスでは、従来の商材流通ルートを一新。問屋を通さず、メーカーに直接仕入れ交渉を行い、建材や設備機器などの大幅な価格の引き下げを行っています。また、全国6,500社の工務店ネットワークを通じ、共同購入が可能な部材に関しては、ハウスメーカー並の仕入れ価格も実現しています。

 

“情報” 最先端の情報

それぞれの情報に精通した組織に加盟し、全国から最新・最先端の情報をキャッチしています。コスト、デザイン、商品、常に時代は流れ、3ヶ月もすると古くなります。常に同じ家を提供するのではなく、昨日より今日、今日より明日の方が、コストパフォーマンスに優れた高品質な家に暮らしていただけるように、良い意味でお施主様に提供する住宅を変化させていきます。

■ANB(エリアナンバーワン)会

各地域一社のみ加盟資格があり、全国で200社の会員がいます。会社規模はバラバラで、年間10棟の会社から200棟の会社まであり、それぞれの会社がそれぞれのノウハウ、強みを持っています。施工エリアの被らない仲間だからこそ、仕入れ価格や工法、構造、商材のメリット・デメリットなど、様々な情報を共有できます。

■日本モーゲージプランナーズ協会

住宅ローンに専門特化した組織で年間数百件の融資案件を取り扱っています。お施主様と銀行の間に立ち、中立公正の立場からお施主様にとっての最善の住宅ローンを導きます。

カーサプロジェクト・NACコンサルティング

釘や金物、床材や建具などの小さいものから、吹付け断熱材、キッチン・お風呂などの住宅設備機器まで、共同購入・一括仕入をするために加盟しています。全国6,500社、年間全体棟数10,000棟のスケールメリットを活用することにより、ハウスメーカーに負けない仕入れ価格を実現しています。