ページトップへ

保温性のこと

快適に暮らしていただくために。

“夏涼しく冬暖かい”快適な家づくりの基本は断熱と気密にあります。断熱と気密は一体であり、双方を高めることで保温性が向上します。自然の風や光、熱を取り込み、それらを最大限に活かす事ができるのも、確かな保温性能が大前提です。また、保温性を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。

 

高気密高断熱

健康に優しい住まいのために水で発泡するマシュマロ断熱材を標準採用しています。施工が難しいとされるコンセントや配管まわりは、大工さんの腕により断熱材の隙間が生じやすく、気密性の低下や結露の発生を誘発します。発泡タイプの断熱材で隙間なく充填し、保温性を確保します。

 

高性能サッシ

断熱性能を大きく左右する窓サッシ。快適な住まいの実現のために高性能な複合樹脂の遮熱高断熱サッシを採用。アルゴンガス入りのペアガラスに日射熱を50%以上カットするLOW-Eフィルムを施し、熱の浸入を防ぎます。さらに、意匠性を大切にし、フレームを極小化したデザイン性の高いサッシを採用しています。

   

 

遮熱型透湿防水シート

壁内の湿気を外に逃がして結露を防止する透湿性と外部からの水や風の侵入を防ぎ、断熱材の性能を保つ保温性を兼ね備えた防水シート。従来の物とは違い、アルミニウム加工を施した遮熱型なので、冬は室内の暖房熱を逃さず、夏は外部からの日射熱をカットする事で涼しく快適な住空間になります。

 

パッシブデザイン設計

自然エネルギーを最大限活用する設計手法です。東三河地域では、夏は70度、冬は30度の角度で日が差し込むので、冬は取得し、夏は遮蔽するように庇を調節。四季で変わる風向きに対して、立地や環境を計算することで自然風を取込み、吹抜けや窓の配置をデザインして上手に昼光を利用します。

 

ZEH

HAPINICEでは地球温暖化防止の為に、ZEH対応住宅普及率目標を以下の通りに設定し、低炭素社会の実現を目指します。

平成28年度目標・・ZEH受託率 5% 実績 0%

平成29年度目標・・ZEH受託率10%

平成30年度目標・・ZEH受託率15%

平成31年度目標・・ZEH受託率20%

平成32年度目標・・ZEH受託率50%