スタッフブログ

ランニングコストを考える

柴田 亜沙美 自己紹介へ

こんにちは!

豊橋・豊川・新城など東三河を中心に、スタイリッシュ×暮らしやすさにこだわったお家づくりをしています、

HAPINICE 広報担当 柴田です。

もう冬が始まってしまったかのような寒さですね(>_<)

私は、冬はそんなに嫌いではないですが、

まだ小さい子どもがいるので、インフルエンザなどの感染症が流行るこの時期、

とても心配でたまりません!

昨シーズンも主人以外みーんなインフルエンザに感染してしまい、

いろんな方に迷惑をかけてしまいました(;;)

予防接種は毎年欠かさずやっているのですが…。

皆さまも気をつけましょう!

 

家を建てるにあたって、一番気になるところは“お金”の問題。

当然建築費用は安いものではないのですが、

建ててからのランニングコストの面も考えて生涯設計を立てないといけませんよね!

 でもこのランニングコスト、新築に使う材料でだいぶ変わってくるんです。

今回は床材に絞ってお話します。

ハピナイスでは、床材には無垢材を標準として採用していますが、

なぜでしょうか?

これは単に木の質感や風合い、経年美が美しいというだけではありません。

木の優しい肌触りのおかげで、今このくらいの時期の寒さの中であれば、

暖房をつけることなく過ごすことができます。

もっと寒い冬本番でも、暖房の温かさで床もちょうどいい温度で温まってくれます。

つまり、床暖を設置する必要がないということです。

 床暖を設置するのにも、稼働させるにもお金が要ります。

また夏はというと、余分な湿気を吸収してくれて

サラサラとした肌触りで気持ちがいいです。

さらにめんどくさいと思われている、無垢床のメンテナンスも

実はそんなに難しくないんですよ!

そんな理由から、無垢床を使っているのですね!

家を建てるとなると、目前のことに集中しがちですが、

住み始めてからのことも考えて、自分に合った、家族に合った

家を建てたいですね!

記事一覧

1ページ (全171ページ中)

ページトップへ