スタッフブログ

林 拓未 自己紹介へ

【奥様必見!】家事が楽になるオススメ設備とプラン5選

家事を楽にするというと、いろんな装備が付いた高性能なキッチンにすればいいとか、とにかく収納をたくさんつければいいとか、中には、漠然と家を広く作ればきっと使いやすいはずって考えている人も、少なからずいらっしゃいます。

 

確かにそれもまったくの間違いではないのですが、それで必ず使いやすくなるかと言えばそうとは限らないし、予算ばかり無駄に増えてしまう可能性も高くなります。

しかも、思ったより使いにくかったら最悪ですよね?

 

家事は毎日やることで、小さなお子さんがいるご家庭で共働きだったりすると、育児にも仕事にも追われて余計大変です。

 

そこで今回はお金をあまりかけずにできる方法で、家事ができるだけ楽になる設備やプランを5つご紹介したいと思います。

 

大工時代を含めて15年以上、たくさんのお客様の家づくりをお手伝いさせていただいた実績や、3人の子どもを持つ親として、自分自身もマイホームを建築した経験から、できるだけ分かりやすくお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

家事が楽になる5つの設備とプラン

奥様にオススメの家事が楽になる設備とプランは、次の5つになります。

 

1.キッチンパントリー

2.キッチンゴミ箱スペース

3.脱衣室とは別の洗面台

4.宅配ボックス

5.リモコン玄関キー

 

これらは少ない費用で作ることができて、しかも比較的効果が高いので、個人的にはすごくオススメです。

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

1.キッチンパントリー

家事が楽になるプランの1つ目は、キッチンパントリーです。

キッチンパントリーというのは、簡単に言うと食品庫のイメージで、何かストックしておきたい食材や調味料とかを入れておく専用収納のことです。

 

キッチンまわりの収納が足りないと、食材や調味料などいろいろなモノがキッチンに出しっぱなしになってしまいます。

料理をする時も邪魔で収納が少ないせいで、ストレスを感じてしまうかもしれません。

 

実際にアパートに住んでいる方で、キッチンが狭い、収納が少ないと言う理由でマイホームを検討される方も多いと思います。

 

今どきはコストコである程度買い溜めする方もいるので、ちょっとしたパントリースペースがあるだけで、キッチンまわりがスッキリして気持ちよく料理に集中できます。

 

キッチンパントリーと聞くととても広いスペースや、食器棚のような本格的なモノを想像するかもしれませんが、それほど大げさなものでなくても大丈夫です。

 

たとえば、畳半分くらいのスペースに高さを自由に変えられる可動式の棚を作ってあげるだけなら、10万円もあればできるので値段の割に収納効果は抜群です。

間取りプランを作った後に追加するのはちょっと大変ですが、最初に伝えておけば上手にプランニングしてもらえます。

 

ちょっとした大きさでもいいのでうまくスペースを利用して、パントリーを作る事も検討してみてください。

 

2.キッチンゴミ箱スペース

奥様にオススメの家事が楽になるプラン2つ目は、キッチンゴミ箱スペースです。

 

ゴミ箱スペースは初めに考えておかないと、意外と後から困る可能性が高い部分です。

今は燃えるゴミ、生ゴミ、ペットボトル、缶やビンを分別する必要があるので、それなりのスペースが必要になります。

 

生ゴミは衛生面を考えて勝手口の外にゴミ箱を設置する方もいれば、袋に入れて冷凍庫で凍らせて管理する方もいて、それぞれの暮らし方によっていろいろな選択肢があります。

 

そのため家のプランを考えるときは、キッチンのゴミ箱スペースをカップボードの下に収納するとか、ある程度の広さを取るようにして、+αで生ゴミをどう処理したいかもあらかじめ考えて、プランニングしましょう。

 

ただ注意してほしいのが、お子さんがいるご家庭だと、子どもの成長に合わせてモノも増え、比例して出るゴミも増えていきます。

ご家庭によりますが今の感覚で考えずに、将来ゴミが増えることも想定して、ある程度余裕を持って置く場所や広さを考えておくといいと思います。

 

毎日の生活でゴミは必ず出るので、キッチンが狭くて使いにくくなったり、ゴミがあふれて不衛生だったりすると、気持ちよく料理ができないかもしれないので、余裕を持ったゴミ箱用スペースを取るようにしましょう。



3.脱衣室とは別の洗面台

奥様にオススメの家事が楽になるプラン3つ目は、脱衣室とは別の洗面台です。

 

これは一般的に多い洗濯機のある脱衣室の中に洗面台を置かず、廊下やホールを少し広めにしてそこに洗面台を置くプランです。

家族や来客者がお風呂に入っている時でも、気兼ねなく手洗いや歯磨きなどで洗面台が使え、タンクレストイレで手洗いがトイレ内になくても、その洗面台を兼用して使えます。

 

この独立した洗面台には家事の面でもメリットがあり、たとえば家族みんながバタバタと出かける朝の時間帯に洗濯機を回すとき、洗面台で歯磨きや身支度をしている家族と物理的に重なることがないので、ストレスなく洗濯機を回せます。

 

特に年頃の娘さんがいると、朝は化粧をしたり髪を整えたりで洗面台の前を占領する時間が長くなります。

その横に洗濯機があるとお互い邪魔になってしまうと思うので、脱衣室とは別の場所に、洗面台を設置するのがオススメです。

 

あとは、洗面台がないため脱衣室の中に収納スペースを広く確保できるので、お風呂の掃除道具やストックの洗剤、タオルやパジャマなども余裕で収納できて、スッキリさせられます。

実際に私の会社で建てられる方の9割ぐらいは、脱衣室と洗面台は別に設置しています。独立と言っても別に部屋を作る必要はなく、廊下やホールを少しだけ広げてそこに置くだけで、プランによっては面積もほぼ増えないため費用も優しい作りです。

 

この提案は家事動線的にも本当にオススメなので、ぜひ一度プランを考える際に検討してみてください。

 

4.宅配ボックス

奥様にオススメの家事が楽になる設備4つ目は、宅配ボックスです。

 

宅配ボックスというのはイメージで言うと家に付いているポストの大きい版で、玄関の横などに設置して家に誰かいなくても、宅配の人が荷物を届けられるボックスです。

 

共働きのご夫婦の場合、仕事から帰るとポストに不在連絡票が入っていて、再配達の手配をすることも多いと思います。

その連絡はけっこう面倒だし再配達のときは家にいなければいけないので、少し不便に感じます。

 

宅配ボックスを付けておけば留守ならそこに荷物を入れてくれるため、再配達連絡の必要や家にいる必要がありません。

昔からの宅配ボックスはプラスチックやビニール製の箱を玄関脇に置くもので、風で飛ばされたり持ち逃げされる心配もあったりして正直イマイチです。

 

でも今の宅配ボックスは結構お洒落で、ポストのように独立して設置したり、家の外壁や外構の門に埋め込んだりもできるので、シンプルな雰囲気に仕上がります。

金属製ボックスなので風で飛ばされたり、鍵も掛けられるので盗難の心配もありません。

 

もちろん入る荷物の大きさに限界はありますが、一般的な荷物ならある程度入ります。

選ぶモノによって5~10万円ぐらいの費用はかかりますが、再配達の手間が省けると思うと費用対効果はかなり高い設備の一つです。

 

5.リモコン玄関キー

奥様にオススメの家事が楽になる設備5つ目は、リモコン玄関キーです。

 

リモコン玄関キーとは車のキーレスと一緒で、リモコンをバッグの中やどこか身に着けていれば、ドアのボタンを押すだけでロックが解除される仕組みで、鍵を出したり差して回したりする必要がなくてかなり便利です。

 

たとえば両手いっぱいに買い物した荷物を持っていたり、小さいお子さんを抱っこしてたりしても、ボタンひとつで簡単に玄関ドアが開けられます。

 

特に女性はバッグに鍵を入れてることが多いと思うので、いざ玄関を開けようとカバンの中を探してなかなか鍵が出てこないストレスも感じずに済みます。

 

さらに、このシステムが付いた玄関ドアでは、家の外に出て一定の時間が過ぎると自動でロックがかかる機能もあり、これはうっかり玄関の鍵を締め忘れた時に活躍してくれる防犯機能です。

締め忘れることが多かったり、締めたかどうか気になって不安になったりする方には、とても重宝する機能だと思います。

 

ただ鍵を持たずに外に出て一定時間が過ぎてロックがかかり、外に締め出されるパターンもたまにあるようなので、心配な方は自動ロックの機能はオフにしましょう。

 

玄関の鍵の話は小さい話ですが毎日出入りする場所なので、少し便利になるだけで意外と満足度は上がると思います。

私の会社では5万円のオプションで設置可能で、リモコンキーにされる方の割合は半々ぐらいですが、気になる方はぜひ住宅会社の人に相談してみましょう。

 

まとめ

家事は毎日やることなので、プラス育児や仕事もとなると余計負担が大きくなります。

少しでも不便だとそれが毎日、しかも一生続くと考えると結構恐怖で、大きなストレスになりますよね?

 

これを少しでも改善しようと考えて、高いお金を払い高価な設備を付けなくても、ちょっとしたプランの工夫や手頃な値段の設備で、かなり便利に負担を軽くできます。

 

・キッチンパントリー

・キッチンゴミ箱スペース

・脱衣室とは別の洗面台

・宅配ボックス

・リモコン玄関キー

 

今回ご紹介したこの5つはほんの一例ですが、ぜひ共感できる部分があれば参考にしてみてください。

 

やはり家事や育児を頑張ってくれて家を支えてくれている奥様が、少しでも楽になるときっとご主人も嬉しいと思います。

これからマイホームを考えている人にとって、せっかく家を建てたのに使いづらかったり不便になったりしないように、このブログがお役に立てば幸いです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

今後も随時更新予定です!

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします。

 

記事一覧

1ページ (全194ページ中)

ページトップへ