スタッフブログ

林 拓未 自己紹介へ

【楽しくて健康な家!】マイホームに付けたいストレス解消アイテム4選

2021/11/28(日) 林 拓未動画で学ぶ

皆さんもせっかくマイホームを建てるなら、家の中でもちょっとしたストレス解消ができたら良いなと思いませんか?

 

ストレス解消の方法は人それぞれで、おいしいご飯を食べたり、以前にご紹介したリビングインシアターのように家の中で、動画や音楽を楽しむのも良いと思いますが、今回は体を動かすストレス解消法をご紹介します。

 

実際に打合せしているお客様の中にも、筋トレルームを作りたいとか子供も楽しく体を動かして遊べる工夫をしたいという方も多いです。外出しなくてもストレス解消ができる家作りの、参考にしてください。

 

ちなみに今回ご紹介する以外でも、このアイテムがおすすめとか、これは微妙だった、みたいな生の声をいただけるとありがたいので、良かったらYouTubeの方にコメントをください。

 

大工時代を含めて15年以上、たくさんのお客様の家づくりにたずわった経験をふまえて、これから家を建てる人が失敗しないための情報を、できるだけわかりやすくお伝えしますのでぜひ最後までご覧ください。



●4つのストレス解消アイテム

 

今回ご紹介するストレス解消アイテムは、次の4つになります。

 

1.ボルダリング

2.雲梯(うんてい)

3.ハンモックやブランコ

4.滑り台

 

それでは1つずつ説明していきます。



1.ボルダリング

 

マイホームのストレス解消アイテム1つ目は、ボルダリングです。

ボルダリングは壁に付けた、ホールドという突起を使って手足の力でよじ登るスポーツです。昔から一定の人気はありましたが、東京オリンピックの正式種目になったこともあり、ますます注目を浴びています。

 

手足だけ使っているように見えて実は全身の筋肉を使います。ストレス解消しながら基礎代謝も上げられて、子供から大人まで幅広く楽しめる健康的なスポーツです。

 

施工方法は手や足をかけるための、いろいろな形をした「クライミングホールド」という部材を補強した壁に取り付けるだけです。施工はそれほど大変ではなく、設置する場所や範囲にもよりますが金額は15万円前後でできます。

 

設置する場所はリビングや玄関に吹抜けがあれば、ボルダリングで1階から2階まで行けるようにするのも面白いと思います。床から天井までの距離があまり取れないなら、少し壁を傾斜させて難易度を上げるのもおすすめです。

 

ただ家の中だとしても手が滑って落ちたら危険です。下に敷くマットもきちんと用意して、ボルダリングまわりの空間もある程度ゆとりを取るようにしましょう。



2.雲梯

 

マイホームのストレス解消アイテム2つ目は、雲梯(うんてい)です。

雲梯はボルダリングまではいらないけど、ストレス解消のために何かないかなという時におすすめです。ネットなどで検索すると色や形が結構あり、シンプルでおしゃれな製品もたくさんあるので、インテリアの雰囲気を壊さず設置できます。

 

材質は木製やスチール製などがあるので質感も選べて、形はスタンダードなはしご型や曲線、壁から天井までつながっているものまであります。壁や天井さえあれば、リビングや子供部屋、2階のホールなど場所を選ばずに計画できます。

 

施工は既製品の雲梯を設置するだけなので比較的簡単ですが、ボルダリングと同じくあらかじめ下地補強をする必要があります。費用は材質や範囲によってまちまちで、少し高めの20万円前後になります。

 

雲梯はすきま時間にぶら下がるだけでストレッチになり、男性なら懸垂などで筋トレにもなります。家族みんなで幅広く活用できるおすすめのアイテムです。



3.ハンモックやブランコ

 

マイホームのストレス解消アイテム3つ目は、ハンモックやブランコです。

ハンモックは実際に付けられるお客様も多く、またインスタなどを見るとブランコを付けている方もいらっしゃるので合わせてご紹介します。

 

ハンモックやブランコは下地さえしっかり補強しておけば、取り付けはそれほど難しくありません。付けるうえで1番のポイントになるのは、設置場所です。ハンモックやブランコは壁から少し離れたところに上からぶら下がるので、場所をよく考えないと生活の邪魔になります。

 

取り外せるようにして使うたびに出し入れしても良いのですが、収納場所を作らないといけません。また1回ごとに付けたり外したりは大変で、そのうち使わなくなる可能性があります。

 

なのでぶら下げても邪魔にならない場所を確保して、付けっぱなしで使えるようにするのがおすすめです。

ちなみに金額は設置の仕方によりますが、金具代と取り付け費用を含めて10万円前後ほどです。積極的に体を動かすアイテムではないですが、気持ちよく揺られればリラックスできると思うので、興味のある方はぜひ検討してみてください。



4.滑り台

 

マイホームのストレス解消アイテム4つ目は、滑り台です。

 

今回ご紹介するのは、作り付けで家の一部として作る滑り台です。Pinterestや画像検索で調べるとかなり実例が出てくるので、意外と作っている方は多いことがわかります。

 

ハピナイスでもリビングからロフトへ行くための階段のとなりに、滑り台を作ったことがあります。ある程度横幅を取れば大人でも楽しめます。

施工や金額は他のアイテムよりも複雑で、費用は最低でも30万円前後はかかりますが、意外性があって1番インパクトは大きいと思います。さらに子供が小さいご家庭なら喜ぶのは間違いなしです。

 

ただ長い目で見て本当に必要かどうか、作る場所やご予算のバランスも考えて検討してほしいと思います。

 

ちなみに家にいるのが楽しくなるおすすめプランや、ホームシアターの注意ポイント、アウトドアリビングの作り方については、別の動画で詳しく解説しています。興味のある方は下のリンクからぜひご覧ください。


 

●まとめ

 

今回ご紹介したマイホームのストレス解消アイテムは次の4つになります。

 

1.ボルダリング

2.雲梯(うんてい)

3.ハンモックやブランコ

4.滑り台

 

なかなか外出しにくい今の時代に、家の中で体を動かせたり楽しめたりするアイテムがあれば、子供はもちろん大人もストレス解消になり、マイホームを建てた意味がより大きくなると思います。

 

またリモートワークで家にいるお仕事の方は、体が鈍って気持ちもすっきりしにくいと思うので、特に今回のストレス解消アイテムはおすすめです。

 

動線を重視した間取りや家事が楽になる設備、基本的な耐震性能や断熱性能など、実用性を重視した家づくりももちろん大切です。ただプラスアルファで遊び心もあった方が、家への愛着もわいてより快適で豊かな暮らしが実現できると思います。

 

今回のブログ内容が全てではないですが、これからマイホームを考える人にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

今後も随時更新予定です!

ぜひ、チャンネル登録をお願いいたします。

 

記事一覧

1ページ (全224ページ中)

ページトップへ