スタッフブログ

こんばんは。

家族の笑顔と幸せを願う家づくりサポーター 林 拓未です(^^)


今回のお役立ち情報は、「お役立ち情報④」で少し触れましたが、

   地震に対抗する構造   について、お伝えします。

突然ですが皆さんは、地震に強い家ってどういった事を思い浮かべますか(^^?
やっぱり、最近はテレビCMとかでもやってる免震構造がいいのかな~って思いますよね。

実際に地震に対抗する構造って言うのは、大きく分けて3つあります。

①耐震構造
「筋交い」と言う部材を、柱と柱の間に斜めにつけたり、耐力面材(ダイライトなど)で補強したり、耐震専用の金物をつけたり・・・簡単に言うと 建物が壊れるのを防ぐ 仕組みです。
この耐震構造は、地震による揺れをダイレクトに受けるので1階より2階の方が激しく揺れます。
結果、建物自体は壊れなくても、内装や家具などは大きな被害を受けます。
多くの建築会社が採用していて、値段もお手頃です(^^)

②制震構造
制震ダンパーなどの地震の揺れを抑制する部材をつかって・・・建物内の躯体の損傷を少なくする 仕組みです!!
耐震構造に比べて2階の揺れが少なく、3階建てには特に有効ですが、価格が少し上がります。
条件によって異なりますが、一般的な木造住宅では一軒あたり50万円~100万円程度かかります。
高いですね^_^;

③免震構造
CMでもやってるので分かると思いますが、地震の際には・・・建物自体が動き、被害を最小限に抑える 仕組みです。
そのかわり、費用はものすごく高く数百万円します(・∀・)ワオ
しかも、定期点検が必要なのでランニングコストもかかってきちゃいます!!
お金に余裕があればやった方がいいと思いますが、今まで頼まれたことはありません 笑


ざっくりですが、大体こんな感じです(^^)
こーやって書くと、なんか耐震構造が全然ダメっぽく見えてしまうかもしれないですけど、実際は十分ですよ(*^_^*)プラスα制震や免震があればもっと安心だよねって感じです!!

何でもそうですが良い物を追い求めたらキリがないので、自分にとっての最善を見つけて、満足・納得のできる住まいづくりをしていきたいですね(^^♪
  

では、また(^^ゞ

 

豊橋 豊川 新城で 新築 注文住宅 は林美建にお任せ(*^_^*)

記事一覧|2013年9月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ