スタッフブログ

住宅ローン情報?~最低金利!!でも、踊らされるな!!~

林 拓未 自己紹介へ

こんばんは!!お楽しみ様です☆彡 

家族の笑顔と幸せを願う家づくりサポーター 林 拓未です(^^)


今日は、ちょっと強めのタイトル記事です!!
「踊らされるな!!」生意気いってすいません(>_<)

では、早速本題に・・・。
マイホームの購入は、人生で一番高い買い物だけに
少しでも安く買えるタイミングを探したくなるのが
心情ですが、『買う理由が明確になっていること』
が最も大切だと思います(*^_^*)

本心を言えば…購入のタイミングは、その人の家族
構成や環境、ライフスタイルによって違ってきますが、
購入を決断しているのであれば、早いに越したことは
ないかもしれません!!

僕がそう感じる理由は、寿命が90歳を超える方が年々
増えているからです(^O^)

例えば、30歳の方が90歳までいきると仮定して60年間
ありますが、毎月10万円の家賃を払い続けるとしたな
ら『7200万円』もの家賃を払い続けることになります。

もちろん住宅購入の方が『お得・安い』という話では
ありませんが、賃貸でも持ち家でも、大きな負担から
は避けられないのが現実です^_^;

60歳を超えたところから、『終の棲家』について考え
ることもあるでしようが、実際問題、公的年金だけで、
多額の家賃を払っていくのは難しいと言えるでしょう。

そう考えると住宅購入とは、老後の不安を軽減させる
ための一つの手段として考えることもできるのではな
いでしょうか(^^)?賃貸も持ち家も双方にメリット・
デメリットはありますが、目的がハッキリさえしてい
れば購入を検討するタイミングは、金利じゃなく

『あなた次第』

なのです。

ニュースや他人に振り回されて購入のタイミングを迷わ
れるかもしれませんが、金利の影響を気にする必要はあ
りません。その根拠は、住宅ローンの返済期間は平均す
ると約20年で完済している人が圧倒的に多いからです☆

仮に40歳で購入して60歳で返済が終われば、老後生活の
負担は少なく、健康管理と住宅のメンテナンスをしっか
りしていれば、精神的にも安心できる住環境で生活する
ことができます(*^^)v。持ち家(一軒家)であれば、見方を
変えて老後資金の借入金の担保物件して融資も可能とな
るので、老後の保険とも言えます(・∀・)♪

では、また明日(^^ゞ

記事一覧|2014年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ