スタッフブログ

林 拓未 自己紹介へ

土地を即決するin菰口・野田

【モデルハウス-土地を即決するin菰口・野田-】

こんにちは!:)

地元豊橋で

かっこ(かわ)いい家を手がけている

HAPINICE-ハピナイス-の林拓未です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は待ちに待った豊川市M様邸の上棟です。一昨日ぐらいにお施主様から連絡をいただき、大工さんのお弁当の事で相談されました。

基本的には現場(外)で食べますが、寒いだろうからと近くのお店の予約を取っていただけることになり、お施主様の「おもてなし」に感謝です。

家づくりはどこまでいっても人と人。こちらが良いモノを創るのは当然ですが、そこにお施主様が寄り添ってくれれば更に良いモノができると感じます。

仕事以上の関係性の中で、家づくりに携われることに感謝の一面でした。

さて、今日は「土地を即決するin菰口・野田」です。

自分の住みたい土地を明確にしたら、次にやることは不動産屋さんへのプレゼンづくりです。

・事前審査 承認書類

・総資金計画書

・明確な土地の地域

・建てる住宅会社の資料

この4つがあれば間違い無し。

要は、不動産屋さんを安心させて、不動産屋さんに「良い土地があれば本気で買うよ」「だからこういう土地を探してね」というのが伝わるようにすれば良いのです。

豊橋は土地がないです。不動産屋さんはいつも忙しく、お客様の土地を一生懸命探しています。

だから今回、僕も土地を探す時には上記の資料をすべて用意して「ひやかしじゃないよ」と感じてもらい、土地探しの優先順位のTOPに食い込めるように話をしました。

そうすると

「これ出してもいいかな?ちょっと待っててねー」と言われ、資料を2つだしてもらいました。

これは最近、建築条件が外れた土地で、こっちはもう少しで外れるよ、と流通前の分譲地資料をゲット。

こちらの要望を明確に伝えているので、金額も立地も望みどおり。

帰りのその足で早速、菰口と東幸の土地を2箇所見に行って、近くで工事してる人にこの辺りの地盤調査結果を聞いて、即決。電話して買付証明(仮予約)を取り付けました。

今回は菰口(野田)の土地です。

後日、話を聞いたらすぐにその分譲地は完売していたようで・・・やはり良い土地はすぐに売れてしまいますね。

 

では:)

 

フォローも宜しくお願いします

Instagramはこちらから

Facebookはこちらから

記事一覧|2017年2月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ